容量はどうする?

iPadは、本体によって、容量の大きさに差があります。主なもので、16GB、32GB、64GBとあります。ファイルを大量に保存すれば、それだけ容量を使うことになりますから、容量が大きければ大きいほど、多くのファイルを利用することができます。ただし、容量が大きいほど、本体価格も高くなるので、便利だからといって、高い容量のものを選べばいいというわけではありません。もっとも、価格は気にせず、できるだけいいiPadを選びたい……という方にとっては、最大容量のPadが適していることでしょう。容量がいくら大きくても、デメリットはありませんからね。

iPadには、専用のアプリケーションも豊富にありますから、それだけ容量の大きいコンテンツもたくさんあります。そういったものを次々に利用すると、すぐに容量が埋まってしまうので、注意が必要です。また、動画はとても容量が大きいので、iPadに動画ファイルを保存する際は、空き容量と相談して行いましょう。動画を何本も保存していくと、一気に容量がなくなってしまいます。

iPadはコンピューターとしての利用を目的としているので、自然と容量を大量に使います。そのことを考えると、できるだけ容量の高いものを選ぶのがいいと思います。

    ページトップへ戻る
    Copyright(C) 家電通が語る!iPadの良さ All Rights Reserved.